2009年01月05日

SingleMalt Love

島髭、『シングルモルト』をこよなく愛しています!
もちろん今宵も呑んでるさぁ〜!
On The RocksでもHighballでも!

なんせ『モルトマッドネス』『モルトマニアックス』『ウィスキー・ファン」
などのHPをチェックするぐらいですから、。

ウイスキーと言えば20代の頃はずっとブレンデッドやバーボンばかりでした。30を過ぎた頃、中高の先輩のKさんに連れていってもらったバーで癖の強いアイラ島の『シングルモルト』で島髭やられましたね。たしかラフロイグ (Laphroaig)だったはず。強烈スモーキーなピート香は忘れられませんね。

アイラ島の蒸留所は海岸沿いに建っており、モルトは「潮の香り」がするといわれ、スモーキーで独特のピート(泥炭)香をもっているのが特徴。

しかし、厄介な酒であるさぁ〜。どうしてくれるんだKさん!
『シングルモルト』の世界にどっぷりハマってしまったよ…、。

R0011935.JPG

島髭、バーで呑むのはスコッチ、家ではジャパニーズ・ウイスキー。

★シングル・モルト (single malt)
モルト原酒と呼ばれる単一の蒸留所で作られた原酒を、他のウィスキーとブレンドせず、特殊なもの(カスク・ストレングス)を除き度数のみ調整(水を添加)し、瓶詰め、出荷されるものをいい、個性豊かな味わいが珍重される。シングル・モルトと大別されるウイスキーのほとんどが、製造された蒸留所の名前をそのまま商品名として市場に流通する。マッカラン、グレンリヴェット、カリラなどは蒸留所の名前である(ジャパニーズ・ウイスキーに例えれば、「余市」「宮城峡」「山崎」「白州」、がそれに該当する)。(Wikipediaより)

SingleMalt, SingleSpeed, 12inchSingle...

どうでもいいけど好きなモノはシングルが付きますね、。

12inchSingleは音圧が太くて針飛びしないのがいいのよね。
posted by 島髭 at 01:08| 沖縄 ☁| Comment(3) | beer, whisky etc... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。