2009年04月02日

Say A Little Prayer



Today's Select Song
Say A Little Prayer
Bomb The Bass

原題:I Say A Little Prayer
別題:I Say A Little Prayer For You
邦題:小さな願い
   あなたに願いをこめて

1967年、ディオンヌ・ワーウィックのオリジナルが全米4位。1968年、アレサ・フランクリンが全米10位を獲得。どちらかというとアレサのヴァージョンが有名かもしれません。欧米のみならず日本、アジアでもたくさんのアーティストにカヴァーされてますね。リストを見るとざっと70人!スゲっ!もっといるカモ知れませんね、。
posted by 島髭 at 16:21| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vinyl

blog始めて半年が経過したということで。

やっぱり『レコード』最高!?そこで、あえて今、再考。

Vinyl(ヴァイナル)=ビニール=レコード=アナログ

rinne_dj.JPG


『レコード』の魅力って何でしょ??
デジタル全盛のこの時代にモノがデカいなら、プレーヤーもデカい。
劣化するし、変形するから保管にも気を使う。
東京から島に戻る時は、そりゃ〜大変でした。
荷物の半分以上がレコードの箱じゃないかという…、、、(泣
ヴァイナル・ジャンキーの引越し、とてもいやがられます。多分。

いいことないようですが…、。

でもね、いいんです。
ジャケットなんかCDとは比べモノにならない程、迫力があります!
針を落とす行為、ひっくり返す行為、針圧を調整したり、カートリッジを換えたりと、世話がやけるんです。そして最後まで行くとずっと回ったままです。(笑
でも、そんな不便が楽しいのです。
レコード特有のノイズなど、味わいがあっていいじゃないですか。
まだまだレコードでしか聴けないCD化されていない音源もたくさんあります。
ボクはオーディオマニアでもレコード・コレクターでも何でもないので、
CDとレコードの音の違いについてはあえてここでは触れませんが…、

そして21世紀を目前にした90年代、デジタル化の波で国内のレコード・プレス・メーカーもどんどん消滅しました。現在、アジアで唯一『東洋化成』が孤軍奮闘しております。
『第一回カッティング見学ツアー』開催!だって。
うわぁ〜行きてぇなぁ〜!(マニアック過ぎてすみませんね…、)

というわけで、
ボクはおじぃになってもレコード聴き続けてんだろうな…、。
だって、こんな光景、絵になるでしょ!
CDやiPodだと絵になりませんよね…、。
この財産はうちのギャングスタ・キッズへと引き継がれるわけで…、。
いやぁ〜、この子らが1〜2歳の頃、ベランダからボクの大切なレコードを円盤投げの如く、ピューっと投げ飛ばしていたのを思い出しますよ…(泣
急いで中古盤屋で100円レコードを買ってきて与えたのを覚えています。
彼らにとっては3,000円のレコードも100円のレコードも一緒ですからね。

結論、やっぱり『レコード』最高! みたいな。
posted by 島髭 at 12:37| 沖縄 ☁| Comment(10) | masterpiece | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。