2009年05月09日

Peter Tosh

久し振りにじっくりとこの2枚組のアルバムを聴いてみました。Disc1のライブVer.は映像で観てみたいと思わせるくらい会場の熱気が伝わってくる素晴らしいライブで、Disc2のアコースティックVer.は酒呑みながらのBGMにサイコーでした。かなりレアな音源だと思います。


ボブ・マーリィと共にクレメント・コクソン・ドッドの≪スタジオ・ワン≫からウェイラーズのメンバーとしてそのキャリアをスタートさせ、常に強烈で好戦的なメッセージを謳いジャマイカ・ミュージック・シーンはもちろん、暴動/革命にまで影響を及ぼしたピーター・トッシュ。そして今回、これまで数々の素晴らしい作品を発掘/再発し、多くのファンを魅了し続けているレーベル≪PRESSURE SOUNDS≫から78年に開催された伝説の『ワン・ラブ・ピース・コンサートでの炎のようなトッシュのパフォーマンスとレヴォリューショナリーズ、アグロベイターズらによる見事な演奏、そして40,000人に及ぶオーディエンスの熱気を完璧に収めたディスク-1と、代表曲「Legalise It」「Get Up , Stand Up」などのレア・アコースティック音源11曲を収録した『Talking Revolution』がリリース!! ファンは勿論、ジャンルを越え多くの聴き手にとってこれから先語り継がれるであろう歴史的重要作品!! text from BEATINK

Talking-Revolution.jpg

Artist : Peter Tosh
Title : Talking Revolution
Live At The One Love Peace Concert
with Extra 12 Acoustic Tracks

■The One Love Peace Concert
 Drums: Lowell 'Sly' Dunbar
 Bass: Robbie Shakespeare
 Guitars: Al Anderson & Mikey Chung
 Keyboards: Robbie Lynn & Keith Sterling
 Percussion: Noel 'Scully' Simms
 Recorded Live at: The National Stadium,
 Kingston, Jamaica 22 April 1978
 Engineer: Karl Pitterson
 Original Recordings Produced and Arranged by: Peter Tosh

Peter Tosh - Legalize it live

“真実、権利、音楽は俺の使命だ。マリファナと音楽は国民の癒し。いつも前に進もう、決してふりかえらないように”
ピーター・トッシュ 11 September 1987 R.I.P
posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 | Comment(0) | legend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。