2009年01月29日

DUB WISE

しばらくDubをアップしてませんでしたね…、
今日はコチラ↓
Today's Select Disc
DUB WISE
MUTE BEAT


ボクが敬愛して止まないお三方による90年代初めにドロップされたMUTE BEAT音源のDub Remix! ジャマイカ本国からは巨匠(故)King Tubbyと奇人変人Lee "Scratch" Perry、そして日本からは宮崎 "DUB MASTER X" 泉が参加。この布陣で悪いわけがない!3者3様素晴らしいDubを聴かせてくれます。島髭的にはLee Perryの奇声(トースティング!?)が入った『Thread Mill Of Life』などが好みですね。また、ジャケットも最高ですね!

オリジナルはCDのみの限定盤として1989年5月のリリース。
再発はLPとCDで両方出てたハズ。
再発盤は、ジャケットを製作した(故)ナンシー関氏に捧げられている。

【Riddim 300th Issue Presents MUTE BEAT ONE NIGHT LIVE】
at LIQUIDROOM 2008.4.2
posted by 島髭 at 13:21| 沖縄 ☔| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

chairmen of the board

'70年リリースの『チェアメン・オブ・ザ・ボード』の2nd。
60'sにデトロイトで結成され、70's前半に英米で人気を呼んだヴォーカル・グループ。R&B、ブルース、ソウル、ファンク、ブラック・ロック、、、など様々なジャンルの要素を含んだミクチャーなグループ。
リード・ヴォーカルふたりの唄いっぷりがたまらないさぁ〜!
Soul Train世代のオヤジ・ソウル・ファンからモッズまでをも泣かせること必至!のナンバー!『All We Need Is Understanding』収録。
『Tokyo No.1 Soul Set』がサンプリングして誰もが耳にしているあのフレーズ、あのコーラスです!

LP・CD共にP-Vineから再発されていますね。

Today's Select Disc
in session
chairmen of the board
posted by 島髭 at 14:03| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

Strictly Business

'88年リリースの記念すべき1stアルバム。
『Bob Marley』"I Shot The Sheriff" の『Eric Clapton』Ver.をサンプリング!?コーラスもサンプリング!?
久し振りに聴くと上がりますねぇ〜!他にも名曲多数の名盤。

Today's Select Disc
Strictly Business
EPMD


EPMD -Strictly Business
posted by 島髭 at 14:12| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I Shot The Sheriff

クラプトンはボブ・マーリィのこの曲が入ったアルバム『BURNIN'(バーニン)』('73)をジョージ・テリーから勧められ、やがてハマることになったとか。'74年9月に全米NO.1に輝いた他、次のアルバム『安息の地を求めて』をジャマイカはキングストンで録音し、そこにはこれにインスパイアされてのオリジナル曲「ドント・ブレイブ・ミー」を入れるほどだったのがこの頃のクラプトン。'81年5月11日、36歳の若さで帰らぬ人となったボブはクラプトンとこの曲について次のように語っている“クラプトンがこのレコードを出していて、なかなかいいんだと誰かが知らせてくれた。それは彼が正しいやり方でやったってことだ。俺たちも自分たちのヴァージョンを出したんだが、当時、音質もよくなかったからヒット・シングルにはならなかった”“クラプトンはあの歌の内容について聞いてきたよ。曲は出来上がったんだが、クラプトンには歌の意味が分からなかった”“本当は「I Shot The Police」と言いたかったんだが、政府が大騒ぎすると思ってシェリフにした。だが、どちらにしても曲の意図は変わらない。正義だ。”
(ライナーノーツ/会田裕之)
(ボブ・マーリィ語録集/訳:山本緑:アップリンク刊より)

'74年にリリースされたこの2ndアルバム、「ボブ・マーリィ、レゲエ」を世界に広める役割を果たした名盤であるさぁ〜。

Today's Select Disc
461 Ocean Boulevard
Eric Clapton


Eric Clapton - I Shot the Sheriff
posted by 島髭 at 13:44| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

Protected: Massive Samples

『MASSIVE ATTACK』の元ネタ集が発売!
古くはトリップ・ホップという一大ムーヴメントを牽引し、初作以来20年経った今も常にそのファンを増やし続けるブリストルの雄『MASSIVE ATTACK』の名曲の数々を構成した元ネタ=サンプリングされた楽曲をコンパイルした画期的な一枚!
来年頭には新作発表の噂も...
今作は膨大な素材となった一部の原曲をコンパイルした一枚。
ソウル、R&B、フュージョン、ジャズ、ダブの名曲をフル・ヴァージョンで収録。ジャケも『Blue Lines』をサンプリング!?

MASSIVEフリークの方はぜひ!
発売は2月だそうで、早速Amazonで予約したさぁ〜!

Protected: Massive Samples
Various Artists
posted by 島髭 at 00:51| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

Echo Dek

プライマル・スクリームの傑作『Vanishing Point』をON-Uサウンドのエイドリアン・シャーウッドがダブ処理をほどこした作品。ボビー・ギレスピーは『Vanishing Point』でジャマイカのメロディカ奏者、オーガスタス・パブロを起用しているあたり、ダブに傾倒していたんだろう。元々の『Vanishing Point』でさえダビーなアルバムなのに、それのダブアルバム。主役はもちろんプライマルではなくエイドリアンでしょう。ジャマイカ産のダブとは対極にあるような音作りです。10年以上も前にリリースされたものだが、今聴いてもすばらしい出来であるさぁ〜!

Today's Select Disc
Echo Dek
Primal Scream
posted by 島髭 at 14:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

Bring The Dub Come

2003年にリイシューされたキング・タビーが残したレア音源集。
やはりheart beatモノは外せません。
重厚なホーンとベースのうねり、絶妙なエコーのかかり具合、。
非常にdopeな世界です。沈んでいきそうなぐらい深い…、

Today's Select Disc
King Tubby In Dub (Bring The Dub Come)
King Tubby
posted by 島髭 at 14:16| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

Love the One You're With

昨日のドライブ中に流れてきた曲。
いやぁ〜、久しぶり聴いた。
何度聴いてもいいさぁ〜、アイズレー!



Today's Select Song
Love the One You're With
Isley Brothers

オリジナルは "Stephen Stills(スティーヴン・スティルス)"
ソウルセットがまんま使って有名になりましたね。
"川辺ヒロシ"のセンス素晴らしいです!
下のリンク懐かしいですね〜!

Tokyo No.1 Soul Set -黄昏'95〜太陽の季節-
posted by 島髭 at 18:32| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

山と海

Riddim Awards 2008
Japanese Ska, Rock Steady, Roots & Dub Albums

にめでたく選出されたということで紹介!

以前紹介したコチラも選出されてます!

結成15周年を迎え自主レーベル〈Sunshine Records〉から昨年リリースされました。3年ぶりカナ。相変わらずトロピカル&ダヴィーで素晴らしいアルバムさぁ〜!スティールパンやサックスの音色が最高に心地よい傑作であるさぁ〜!

Today's Select Disc
山と海
Little Tempo


リトルテンポ「山と海」ツアー@名古屋クアトロ
posted by 島髭 at 13:24| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

Lan Ohshiro

Nory's Restaurant ☆☆☆の冬の空気の澄んだ『空』の写真を見て
ふと『大城 蘭』が聴きたくなった。

昨年、『ベストデビュタント賞2008』を受賞しましたね。

Today's Select Disc
LAN
大城 蘭


"Vincent"
原曲はDon McLean(ドン・マクリーン)がゴッホに捧げた曲である。
彼女はこの曲をゴッホに少し似ていた亡き父に捧げた。

他にも、"One"や"Mona Lisa"などをNiceカバー!
チェロやフルート、スティール・パンなど多彩な楽器が使われてます。

彼女のスィートでハスキーな歌声に惹かれました。
ぜひLiveで聴いてみたいさぁ〜!

"Vincent"


Jazz Liveはこちら↓
"You'd be so nice to come home to" , "Wave" , "Tennessee Waltz" , "Close to you" , "Night & Day"
posted by 島髭 at 18:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

STEEL LOVE

スティールパンの音色が心地いいさぁ〜。
ここ最近引っ張りだして聴いているのは2003年リリースのこちら↓

NO PLUG

このアルバムは一切の電気楽器を使用しないで作りました
This alubum was recorded without using any electric musical instruments.

100% PURE ACOUSTIC SOUL

『スティールパンは世界でいちばんあたらしい楽器』

20世紀に生まれた楽器は2つしかないと言われています。
ひとつはシンセサイザーで、もうひとつがスティールパン。
確かにシンセサイザーとテクノロジーは今の音楽を大きく変えました。

でももし地球上から完全に電気が消え失せたなら、、、、、、
すべての電気楽器が沈黙するなか、
廃物利用、そしてすべてアコースティックのスティールパンは、
とどまることなく未来のメロディーを奏でていくことができるでしょう。
text by YOH Watanabe (STEEL LOVE WORLD WIDE)

Today's Select Disc
LOVERS
STEEL LOVE WORLD WIDE


スティールパン(Steelpan)
ドラム缶から作られた音階のある打楽器で、独特の倍音の響きを持った音色が特徴。カリブ海最南端の島国・トリニダード・トバゴ共和国で発明された「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器発明」と呼ばれており、トリニダード・トバゴ政府により、「国民楽器」として1992年に正式に認められた。 スティールドラム(スチールドラム)とも呼ばれる。(Wikipediaより)


noryコレ↓持ってたよね!10年以上前のことだが…、。
なんせ当時Tapeで聴いてましたもん!リスト入り希望!
エッソ・トリニダード・スティール・バンド!
posted by 島髭 at 13:33| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

African Head Charge

パーカッショニスト『ボンジョ・I』がリーダーを務めるプロジェクト、『African Head Charge』のサウンドは、パーカッションによるアフリカン・リズムを軸にレゲエとダブを絡め、スピリチュアルで美しくありながら、鋭く強烈に覚醒を呼び起こす。80年代初頭からエイドリアン・シャーウッドによって産声を上げた前衛的UKダブの骨子『ON-U』レーベルの進化とともに、『African Head Charge』は常にダブの最高峰といわれる作品をリリースしている。(from Hatena::Keyword)

リンクのLIVE映像、ボンジョのスピリチュアルで呪術的なアフリカン・パーカッション、歌、ダンス、ものスゴいパワーを感じますね。キモチいいさぁ〜!



おかげで島髭のアタマもチャージされたさぁ〜!

さっ、大掃除しよっと!
posted by 島髭 at 14:11| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20 Classic Hip Hop Album Covers Recreated in LEGO

これはステキだね〜。
レゴを使ってHip Hopのアルバム・ジャケを表現。

島髭的には『EPMD』『RUN-D.M.C.』
そして『Super Lover Cee and Casanova RUD』のジャケが好きさぁ〜。

↓コチラで見れます↓
http://www.formatmag.com/features/lego-hip-hop-album-covers/
posted by 島髭 at 13:36| 沖縄 ☁| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

KING JAMMY meets DRY & HEAVY

久しぶりに"Night Flight Dub"で島髭昇天!
『ワンパンチ』もらいました。
今日、引っ張りだしてきたのは2000年リリースのジャパニーズ・ダブの名盤!

日本を代表するダブバンド"Dry & Heavy"、"King Tubby"の元に弟子入りし彼の元でエンジニア哲学を学び"KING"の称号を受け継いだ"King Jammy"両者の共演であるさぁ〜!"Dry & Heavy"の2ndアルバム『One Punch』と3rdアルバム『FULL CONTACT』から12曲を選曲し究極のDub-Mixを展開。ものスゴい音圧、メッタ切りそして再構築。ディレイの音が耳に残るさぁ〜!心地よ過ぎです。これは今聴いても全く色あせないジャパニーズ・ダブの名盤であるさぁ〜!

Today's Select Disc
IN THE JAWS OF THE TIGER
KING JAMMY meets DRY & HEAVY


2曲目"Rumble Dub"コレもヤバす...
posted by 島髭 at 13:47| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

Version Dread

Version_Dread .jpg

Today's Select Disc
Version Dread - 18 Dub Hits From Studio One
Various Artists


1966年から82年の間にStudio Oneからリリースされた有名曲のアナログ7インチ・シングルのB面に収録されたヴァージョン(インスト)とダブ・ヴァージョン全18曲を厳選収録!全曲初CD化音源です。ミックスはコクソン・ドッドとダブ・スペシャリストことシルヴァン・モリス!英Soul Jazz Recordsからリリースされている『Studio One Dub』のミックスもシルヴァン・モリス、というとで質は保証済。幾度となくリメイクされ続けているスタワンの魅力を余すとこなく収めた最高の1枚です。(HMVレビューより)

こんなん出てたんだぁ、知らなかったさぁ〜!これを7インチで1枚ずつ探して買っていたら大変な労力とマネーがかかることを考えれば…、。
早速Get!して聴いてみました!

全曲駄曲なしのキラーチューン満載!

B面に収録のインストやダブのみ集めるというステキな企画!

そして思わずジャケ買いしそうなNiceなジャケ!

さすがは『Heartbeat』レーベル!Good Job!!
posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 ☔| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

Who The Cap Fit

Big Mama!! Queen Latifah!!!!!

トリビュートライブですから、ボブの名曲『Man to Man (Who the Cap Fit)』
をカバーしてます。
昨日久しぶりに聴いて、観て、鳥肌が立ったさぁ〜!
また今日もランチの後に聴いて、観て、上がったさぁ〜!グッド(上向き矢印)

なんと言ってもBig Mamaの歌いっぷり!声量がハンパない!
バックバンドもコーラスももちろん素晴らしいさぁ〜!

これは名曲ですからたくさんカバーされてます。
例えば『Janet Kay』や「Shinehead」など。
『Janet Kay』のVer.も好きさぁ〜!

Queen Latifah -Who The Cap Fit-


Today's Select Song
Who the Cap Fit
Queen Latifah
posted by 島髭 at 13:28| 沖縄 ☔| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

NEO GEO

Today's Select Disc
NEO GEO
Ryuichi Sakamoto


“NEO GEO”復刻!
1987年にリリースされた坂本龍一の通算7作目のソロ・アルバム。
サカモトのソロ・キャリアの中でもマイルストーンな一作と評される
本作が、新たにデジタル・リマスタリングを施し、
さらにオリジナル・アナログ盤を忠実に再現した
紙ジャケット仕様で2009年1月28日にリリースされます。
アルバムは、元マテリアルのビル・ラズウェルとの
共同プロデュースにより制作された作品で、
エレクトロニックなサウンドをベースにしつつ、
沖縄音楽やバリの伝統音楽『ケチャ』などを大胆に取り入れた、
オーガニックでエスニックなサウンドパフォーマンスが実現しました。
また、今回初回生産限定盤にはシングル・カットされた
「RISKY」のPVを収録したDVDをカップリング!
text from JOURNALSAKAMOTO+

わぉ!「RISKY」のPVが収録されてるさぁ〜!
アナログ持っててもこれは買いますよ〜!教授ぅ〜!

“Risky”

ヴォーカルはイギー・ポップ。メロディーラインは教授とビルが作ったバックトラックにのせて、イギーが勝手に歌ったもの。教授自身が出演した日産セドリックのCF曲としても使用され、7インチ、12インチシングルも発売された。

“OKINAWA SONG - CHIN NUKU JUUSHII” in Paris

島の名曲"ちんぬくじゅうしい"のカバー!
これは貴重な映像であるさぁ〜!『夜ヒット』ですかね。
大所帯で機材もスゴい金かかってます。バリっぽいしウチナーぽいし、いいね。
しかしバブリーな時代だなぁ!
posted by 島髭 at 12:44| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince

『Homebase』のジャケでふたりが着ているシャツや髪型が時代を感じさせるさぁ〜!ヤバすねぇ〜!あり得ない柄だなぁ〜、どこで売ってんだろ。
当時、あの髪型を島髭もKさんと一緒に真似てやったもんだ。

Today's Select Disc
Homebase
DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince


1991年リリースの大名盤!プラチナムアルバムにもなりましたね。「Summertime」「The Things That U Do」などをシングルカット。
「Ring My Bell」も名曲ですね!
フィリーの伝説、トランスフォーマー・スクラッチのオリジネーター、Jazzy Jeff(ジャジー・ジェフ)と今や俳優として知られるThe Fresh Prince(フレッシュ・プリンス)ことWill Smithのデュオ。

1987年『Jive』から『Rock the House』をリリース
こちらも大名盤!HipHop Classic!
名曲『A Touch Of Jazz>』

- Ring My Bell -

2008年12月08日

I'd Love You To Want Me

Today's Select Song
I'd Love You To Want Me
John Holt


John Holt(ジョン・ホルト)
1965年から1970年までバラード・グループParagons(パラゴンズ)のリードシンガーとして活躍。その後ソロとして数々の名曲を残していますね。ジャマイカきってのバラードシンガー!現在も現役でございます。スゲっ!
彼の甘美な歌声に島髭はやられてしまったさぁ〜。

posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 ☁| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

LABOUR of LOVE

1983年リリースのこの作品、いいですよ〜!全曲カバーの名盤!
たまに引っ張りだして聴いてるさぁ〜!
収録されている『Red Red Wine』ナイスカバーであるさぁ〜!

Today's Select Disc
LABOUR of LOVE
UB40


UB40 / Red Red Wine 1983


UB40
イギリスのレゲエ・ポップ・バンド。バンド名はイギリスの失業者給付金制度(Unemployment Benefit, Form 40)からとられた。1978年にバーミンガムで結成、1980年デビュー。メンバーは白人黒人の混成。(Wikipediaより)

こちらはTony Tribeによるカバー。Skaです!!
Tony Tribe / Red Red Wine 1969


★追記
調べてみると、オリジナルはNeil Diamond(ニール・ダイアモンド)
1967年に録音されたアルバムからのシングル・ヒットらしい。
アコギを手に歌うスタイルみたい。

Neil Diamond / Red Red Wine 1967


ずっとTony Tribeがオリジナルだと思ってました。
勉強になったさぁ〜〜〜!
posted by 島髭 at 00:08| 沖縄 ☁| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。