2008年11月28日

Richard D. James

自らの意向なのか、Jamesの奇行や衝撃的なPV、ジャケット、そしてメディアによって奇人変人、怪物、引きこもり...などといった彼のパブリック・イメージは、音楽とは全く関係なくどんどん膨れ上がった。
初期の音源が放った衝撃を忘れ、いつの間にかリスナーが求めるのはJamesの過激な表層部分のみになっていたのではないか。

確かに!
そこであらためて聴いてみたさぁ〜!

やっぱり『Aphex Twin』最高!?
そこで、あえて今、再考。


2001年発表の「Druqs」までは結構な頻度で聴いており、久しく聴いていなかった Aphex Twin 初期の名作『Selected Ambient Works 85-92』を引っ張りだして聴いてみたさぁ!
アンビエントテクノ?リスニングテクノ?エレクトロニカ?
そういうくくりは何でもいいんです。
シンプルなリズムトラックの上に乗る叙情的なメロディが繊細で、アルバム全体を通して透明感がありとても気持ちよく、寝る前などに聴くと心地よい眠りに誘われます。やっぱり最高であるさぁ〜!
間違ってもドライブ中にには聴きませんが。
新作が一体いつ発表されるかわからないけど待ってるさぁ〜!

Aphex Twin (Richard David James)
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のアーティスト名で最も知られるリチャード・D・ジェームス(Richard David James、1971年8月18日 - )はイギリスのアーティスト、作曲家、DJである。その作曲ジャンルは多岐にわたり、テクノ、アンビエント、エレクトロニカ、ドラムンベース、アシッド・ハウスと多彩である。同時に複数のアーティスト名義を使うことでも知られる。アイルランドのリムリックで生まれ、イギリスのコーンウォールで育った。(Wikipediaより)

Today's Select Disc
Selected Ambient Works 85-92
Aphex Twin


posted by 島髭 at 14:37| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

Jackin' for Beats

日本のHipHopクラシック、10トラックを8小説ずつ繋ぎ1曲にする。
しかも各曲の名ライムも巧みに引用し差し替えるというテクニックもスゴい!
完成した曲はPVもハンパなくカッコいいさぁ〜!

'08年9月リリースの『The Anthology』に収録される唯一の新曲。
Today's Select Song
ZEEBRA / Jackin' 4 Beats
Microphone Pager→大神→RHYMESTER→BUDDHA BRAND→LAMP EYE→
ラッパ我リヤ→DABO→YOU THE ROCK★ →SOUL SCREAM→OZROSAURUS
を繋ぎ1曲にする。

'90年リリースの『KILL AT WILL』に収録。
Today's Select Song
ICE CUBE / Jackin' for Beats
D-NICE→EPMD→PUBLIC ENEMY→DIGITAL UNDERGROUND→
LL COOL J→X-CLANなどのHIP HOPクラシックを繋ぎ1曲にする。
ちなみに東西関係ないですね!今聴いてもヤバすぎる位カッコいいさぁ〜!

ICE CUBEが1990年に発表した名曲『Jackin' for Beats』、
その時用いた大胆な手法を、日本語ラップで再現するなんて…。
元DJ、ZEEBRAだからこそ出来た芸当さぁ〜!
posted by 島髭 at 18:58| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

TOKYO DUV STORY

島もやっと寒くなってきたさぁ〜!
今日は最高19℃最低17℃。チャリ乗るには最適な気温さぁ〜!

んで、久しぶりにこんなdubを聴いてます。

Today's Select Disc
TOKYO DUV STORY
DMX&ピアニカ前田




島髭が敬愛してやまないダブマスターXピアニカ前田による
'95年リリースの『カネボウ・ホワイトニングパクト』のCFイメージ・ソング。
「東京ダブストーリー」ってタイトルが時代を感じさせるさぁ〜!
『東京狼少女〜TOKYO LUV STORY featuring YOU』という
YOUをフィーチャーした別ヴァージョンも収録。これもいい!
posted by 島髭 at 14:04| 沖縄 ☁| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

Bongo Rock

Today's Select Disc
Bongo Rock
Incredible Bongo Band


AFRIKA BAMBAATAA 「これを持っていなければDJじゃない」。
KOOL HERC 「これ以上の曲はない」。
PETE ROCK 「これを知らないなら、HipHopを知らないのと同じだ」。
と、HipHopの重要人物たちにここまで言わせた説明不要の1枚!
これはリズムの教則LP(CD)としては一家に一枚常備であるさぁ〜!
最古のブレイク・ビーツ「APACH」、
ヒップホップ・クラシック「BONGO ROCK」をはじめ、
数々のアーティストにサンプリングされた大ネタばかりであるさぁ〜!
オリジナルは73年のリリース。
島髭のはMGM盤(1枚)であるが、現在はMr.Bongoから音質重視の2枚組が出てるなんて、知らんかったさぁ〜!原盤(PRIDE盤)は2諭吉以上するコレクターズ・アイテムですが、そんなもん高くて買えません。
でもちゃんとCD化されてますからご安心を!

bong-rock2.jpg
bong-rock3.jpg

このブレイク・ビーツクラシック使って、今宵はキッズと打楽器演奏会!?
Bongo×2台、小ジャンベ1台を使って、かみさんに『うっるっさ〜い!(怒)』
と怒鳴られるまでキッズと一緒に叩きまくったさぁ〜!
キッズ達、素手ではなくスティック!?(菜箸)ですが、。
う〜ん、Congaも欲しくなってきた、。
posted by 島髭 at 02:46| 沖縄 ☀| Comment(7) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

PoPo Loouise

最近のうちのキッズたちのお気に入りの曲さぁ〜!
食事中でもお風呂でもドライブ中でも!
ちなみに島髭、『みんなのうた』で初めて聴いたとき、胸を打ち抜かれてしまいました。何ともいえない情緒溢れるUAの歌いぷり、リコーダーのメランコリックな演奏。そして絵もかわいくてね、。

まだ聴いていない方、1度聴いてみる価値アリアリさぁ〜!
NHK『みんなのうた』の10.11月のうたとしてオンエアー中!!



Today's Select Disc
PoPo Loouise
栗コーダーカルテット&UA


PoPo_Loouise.jpg
posted by 島髭 at 13:53| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

PIANO×DUB

UAなどのプロデューサーとして、またMUTE BEATから自身のRAM JAM WORLDでの活動でも知られる、日本を代表するサウンド・プロデューサー、アーティストである朝本浩文のDr.Echo-logic名義によるファースト・ソロ・アルバム。

タイトルにもあるように、彼ならではの切ない哀愁を帯びたMELLOWなピアノが全編にに感じられるメランコリーなインスト・ダウンテンポ・サウンド。。 NUJABES以降の憂いあるヒップホップ、、DAISHI DANCEの郷愁ある旋律にも通じる、まさにいま聞かれるべきエバーグリーン・サウンド。
ROXY MUSICの名曲「AVALON」、名作「BLADE RUNNER」のエンディングテーマ、MUTEBEAT時代の名曲「AFTER THE RAIN」をカバー。

Today's Select Disc
PIANO×DUB
Dr.Echo-logic
posted by 島髭 at 14:03| 沖縄 ☁| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

Reggae Magic!

元スカタライツのメンバーであり、ジャマイカの名オルガン奏者、ジャッキー・ミットゥが'72年カナダのトロントにて制作したアルバム。全体を通してひじょ〜にメロウでゆる〜りとしていて大好きなアルバムさぁ〜!なんと言ってもジャケが最高!!どう見ても金持って無さそうだし、金払うようにも見えないこの写真。だから、うちにある『Reggae Magic!』のレーベル面が両方ともSide-1が貼られてても許せてしまうんです。

さて、内容はほとんどの楽曲が彼のオリジナルだが、中にはギルバート・オサリバンの名曲「Alone Again Naturally」などのカバーも。島髭的には1曲目の「Too Late To Turn Back Now」の頭のドラムブレイクがたまりませんね!そしてファンキーな6曲目『Wintergreen』も好き!インストだらけのこのアルバム、寒くなるこれからの時期(島はまだ暑いけどね!)にピッタリな心温まる名作であるさぁ〜!ゴージャスなストリングスアレンジも入っていて泣かせますよ〜!



Today's Select Disc
Reggae Magic!
Jackie Mittoo

The Father of Reggae Keyboard King
posted by 島髭 at 01:30| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

Q-Tip 2nd Release!!

いやぁ〜、ずいぶんと待たされた…、。
全世界のQ-Tip Freaksが待ちわびた9年ぶりの2ndアルバムリリースさぁ〜!!
HipHopにJazzのエッセンスをを取り入れたパイオニア!
先行シングルカットされた'Gettin Up'はフロアでヘヴィーローテション!
PVも最高さぁ〜!

拝啓 Q-Tip様
ATCQの1stからずっとファンでした。
今でも島髭のAll Time Any Time『抱かれたいラッパー』No1は不動です。
いやしかし、ヤラレました!何すか!?このジャケ!最高です!MPCって。

Today's Select Disc
The Renaissance
Q-Tip

Feat. Raphael Saadiq , Amanda Diva , Norah Jones , D'angelo

posted by 島髭 at 13:45| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

Brandy

フィラデルフィア(フィリー・ソウル)を代表するグループの一つ、
『O'JAYS』'78年のリリース。
「Use Ta Be My Girl」がTop5ヒットで有名ですね。

Today's Select Disc
SO FULL OF LOVE
THE O'JAYS


そして、今回ピックアップするのは「Brandy」。
この曲、何度聴いてもいいですね。
ソウルのスタンダード・ナンバーって言えるような楽曲。胸がキュンとなるメロウでスウィートな泣きたくなるくらいいぃ曲さぁ〜!レゲエでも多くのアーティストがカバーしていて例えば、John HoltやFreddie Mcgregorのバージョンも大好きさぁ〜!





Love & Peace, Philly Soul
posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

Pecker

21st Century Dub!!
日本で初めて本格的なDUBサウンドに挑んだ名盤!


あのボブ・マーリー&ウェイラーズと一緒にレコーディングした日本人、あるいはオルケスタ・デル・ソルのリーダーとして有名なパーカッショニスト“Pecker”をバンマスに、スライ&ロビー、オーガスタス・パブロ、リコ・ロドリゲス、ズート・シムズ、ジュディ・モワット(アイスリーズ)、これに日本からはジャパニーズ・ジャズの強者、松岡直也(p)、向井滋春(tb)、故・大村憲司(g)、坂田明(sax)、そして吉田美奈子(chorus)がジャマイカに集結!!

ボブ・マーリーが来日した際、新宿のホテル“サンルート”のスイートルームを貸し切っていた彼らのもとを訪ねたPecker氏が、ボブに「ウェイラーズを貸してくれないか?」と直談判。彼のことを覚えていたボブが「おまえになら貸してやる」と快諾。そして誕生したのが、ウェイラーズ(バレット兄弟)、スラロビというジャマイカきってのリズム隊らが参加したという実に贅沢なアルバム「Pecker Power」と「Instant Rasta」である!!初期ARIWAなジャマイカと、UKレゲエの中間のようなRoots Dub。様々なスタイルが混沌とあった当時の日本人にしか作れなかったであろう魔法のようなミクスチュア、そして、アフリカでもジャマイカでもない、空虚なトーキョーを映し出した真の傑作!

□オリジナル・リリース:日本コロムビア
□TUFF GONG,CHANNEL ONEスタジオで1980年録音。
□解説:原雅明+ペッカー本人インタビュー
□2005年 BRIDGEよりリイシュー。

よくぞ再発してくれました!
総々たるメンツですね!内容もハンパないです!
非常に質の高いDubであるさぁ〜!
ジャズっぽいしファンクっぽいのも入っていて全曲素晴らしい!
2枚のアルバムをCD1枚に収録。2in1です。

ボブの「おまえになら貸してやる」ってかっこいいさぁ〜!

Pecker(ペッカー) profile:日本ラテン界の草分け的存在のパーカッショニスト。1977年渡米し、サンフランシスコ、ニューヨークのブラック系&ラテン系ミュージシャンとセッションを重ねる。帰国後ラテンバンド「オルケスタ・デル・ソル」を結成、数多くのアルバムをリリース。井上陽水、坂本龍一、SMAP、MISIA、等、様々な有名アーティストのツアーやレコーディングに参加。

pecker.jpg

Today's Select Disc
Pecker Power+Rasta Instantane
Pecker

Love & Peace, Masterpiece
posted by 島髭 at 10:13| 沖縄 ☀| Comment(4) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

DUB DEM SILLY

続いてはJanet Kayの『Silly Games』のプロデュースを手掛けた
鬼才Dennis Bovellが手掛けたダブアルバム!
'79年リリースの『Silly Games』や'82年リリースの
『Capricorn Woman』のDub Mixが収録。
良質なMix満載のUK産傑作ダブアルバムさぁ〜!!
'93年リリース。

Dub_Dem_Silly_CD.jpg

Today's Select Disc
DUB DEM SILLY
Janet Kay


Love & Peace, Lovers Rock
posted by 島髭 at 01:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

LOVIN' YOU〜BEST OF J.K.

Alton Ellis繋がりで久し振りに引っ張りだして聴いてみたが、
何度聴いてもメロウでスウィートな感じでいいですね!
本作は'91に発売されたJanet Kayの日本特別企画ベスト盤。
なんとライナーノーツは『いとうせいこう』、選曲は『井出 靖』であるさぁ〜!
読み返すとせいこう氏の解説に藤原ヒロシ氏とのエピソードや六本木のインクスティックでのライブのことが書かれており興味深い。

そして『Lovin' You』はこのアルバムのためにリメイク・再録音されていて、
元のカバー曲(12インチ)よりテンポを速くした軽快な仕上がり。

Today's Select Disc
LOVIN' YOU〜BEST OF J.K.
Janet Kay


Love & Peace, Lovers Rock
posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

Dub Me Crazy!!

おっと!いけない!blog初日以来Dubを紹介していなかった、。

ARIWA(アリワ)レーベルの記念すべき第1作目・カタログナンバー001番にして、
教授のライフワークとでもいうべき「Dub Me Crazy」シリーズの出発点。
Jamaicaものとは対極の洗練された音使いと奇想天外なエフェクトを駆使して、
CoolでAvantgardeな独自の世界を展開。
サックスやトランペットを多く使ってるのもJazzyでいいさぁ〜。
また教授のミキシングセンスは素晴らしく、後にMassive Attack、ORBらとコラボしてますね。ジャケのデザインも素晴らしい、82年のリリースさぁ〜。

Today's Select Disc
Dub Me Crazy!!
Mad Professor


Love & Peace, Dub Me Crazy!!
posted by 島髭 at 13:33| 沖縄 ☁| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

Prince - Prince - 1979

殿下と久し振りにご対面!!
今日、レコード棚から引っ張り出してきたのは殿下の2nd。
久し振りにジャケ見て笑ったが、娘にでーでぃ(島髭)みたいと言われ、
なんかうれしくなり、「I Wanna Be Your Lover」で腰クネクネ、。
「I Feel for You」は後に Chaka Khan がカバーして大ヒットしましたね。
Soul,Funk,Rock,Popsなど色々な要素を含んでます。圧巻なのはベース、ドラム、ギター、キーボード、ボーカル、そしてプロデュースまで一人でこなしています。
70年代が生んだ天才ですね!

しかし、この邦題どうにかならんものカナ(映画でもいえることだが)
ちなみに邦題は「愛のペガサス」
ジャケ裏には全裸でペガサスにまたがる殿下の姿がっ…、。

Today's Select Disc
Prince
Prince


いやはやこのアルバム、殿下のファルセットボイスの切なさが胸にキュンとくる
Love & Peaceな一家に一枚な名盤です。
posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 | Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

Everything I Own

今日は見事なまでの晴天、そして気温はまだまだ30℃!
こんなに暑いとやっぱり音楽はRootsがいいさぁ〜!
ドライブ中にiPodから流れてきたのは誰もが知ってるケン・ブースの代表作。
思わず口ずさんでしまう名曲さぁ〜。
リリースは74年だったカナ。

Today's Select Disc
Everything I Own
Ken Boothe


7インチで持っておくべき名盤です。

Love & Peace, Early Reggae
posted by 島髭 at 22:53| 沖縄 ☀| Comment(0) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

Summer Breeze

今日は朝から心地いい風が吹く一日さぁ〜!
でも日差しはまだまだ夏...
先日のヘロヘロ、モコモコなダブとは打って変わって
ハワイアンが聞きたくなり…、

Summer Breeze  Petty Booka.jpg

Today's Select Disc
Summer Breeze
Petty Booka 〜from Hawaii〜


2000年発表(もちろん廃盤)
当時、旭化成『イヒ!』のテレビCMで
二人がウクレレを弾きながら歌っていた曲も収録。
懐かし〜さぁ〜!

また後部座席でキッズが歌いだしましたよ!
名曲「Summer Breeze」
原曲はSeals & Crofts / Summer Breeze ('72)
エキゾチックでオリエンタルなメロディーと演奏が特長ですな。
たくさんのアーティストがカバーしてます。
例えばアイズレーブラザーズやジャッキーミットゥ!

どのカバーもLove & Peaceな一家に一枚な名盤です。
posted by 島髭 at 23:59| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

Return of the Super Ape

まだまだ暑いこの島からゆる〜くまた〜りした日々を綴っていくさぁ〜。

一発目は今日の気分でレコード棚からセレクト!
みんなが知ってるリー・ペリー大先生の歴史的名盤。

Return of the Super Ape.jpg

Today's Select Disc
Return of the Super Ape
Lee 'Scratch' Perry


歌も演奏もヨレヨレでヘロヘロです。
あまりにゆる過ぎて何もかもどうでもよくなります。
ちなみに僕は胎教と称してかみさんの腹にダビーなビートを叩き込みました!
おかげで生まれてきたキッズはドライブ中にジャマイカンな音楽をかけると、
たちまちご機嫌になり歌いだす始末!
実験成功であるさぁ〜!!

まさにLove & Peaceな一家に一枚な名盤です。
posted by 島髭 at 18:18| 沖縄 ☀| Comment(2) | muzik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。